ACCESS

BLOG

 

フランスの新年には欠かせないお菓子2012.1.6

明けましておめでとうございます。

クリスマスが終わり、無事に年末を迎えたと思えば、

あっという間に年が明け、2012年がスタートしました。

少し遅くなりましたが、ブログをご覧の皆様、

今年もよろしくお願いします。

 

ところで、お正月にお雑煮は食べましたか?

日本では、お正月といえばお雑煮ですが、

フランスにもこれを食べなければ

一年が始まらないと言われる伝統のお菓子があります。

 

その名も、「ガレット・デ・ロワ」。

バターとバニラの風味豊かなアーモンドクリームを贅沢に絞り、

サクサクの2枚のパイで包まれています。

濃厚な味と独特の食感にやみつきになる人も多いお菓子です。

 

このお菓子は、

食べる際にフェーヴという陶器をパイの中に埋め込み、

人数分にカットして食べる時に、

陶器の入ったピースがあたった人はその1年間が幸福であるとされ、

さらに、その日一日王様となり命令を出せるようになるというイベントと共に

愛されているお菓子です。

 

サンファソンではフェーブの代わりに栗を1粒入れ、フェーブはお好きなものを

お選び頂いています。

 

写真はカット売り 18cm 6カット 315円です。(小切れにはフェーブは付きません)

ホールは15cm(王冠・フェーブ付) 1575円です。

 

Share on Facebook